あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





ジジさんからのコメント :: 2017/02/13(Mon)

先月1/19付けの記事<ママと離れても大丈夫だもんね>のジジさんのコメントを紹介させていただきます!


*******************

<ママと離れても大丈夫だもんね>
とても面白いテーマですね。

ことに2歳2か月の〇ちゃんと3歳4か月の☆ちゃんの行為が対比されていて、興味深く思いました。

1960年くらいから始まったM.S.マーラーの研究が「乳幼児の心理的誕生」(黎明書房)にまとめられています。

簡単に言えば「赤ちゃんはどのようにして個性を獲得するか?」と言うテーマです。

ちょうどリボンクラブと同じような枠組みを作って、子どもを自由に遊ばせながら、母と子どもの様子を臨床的に観察しながら、こころの分離過程を分析した内容です。

ボールビーのアタッチメント理論をイメージしていただければいいと思います。

その本の中に「情緒対象恒常性」-ジョウチョ、タイショウ、コウジョウセイーと言う言葉が出てきます。

どういうことかというと、「母親のイメージがこころの中に保存できか・・・」ということです。
ちょうど2歳2カ月の〇ちゃんと3歳4か月の☆ちゃんの間に流れている川のようなものですね。

これは譬えですが、〇ちゃんは年齢的にまだ川の手前であそんでいて、☆ちゃんはその川を渡ったところであそんでいます。

〇ちゃんはママの視線が感じられるところ、ママの姿が見えるところでは注意を集中してあそぶことができますが、ママが見えなくなると注意の集中が難しくなります。

☆ちゃんはママが見えなくても、安心できる大人(ジェリーさん)がいれば、一定時間は注意を集中し、持続してあそぶことができます。

これを「個体性の確立と情緒対象恒常性のはじまり」といいます。

おおよそ2才6か月から3歳にかけて、この川を上手に渡ることができれば、新しい世界への視野が広がってくるということです。

この場合の新しい世界とは、家庭の以外の世界です。
ですからマーラーに言わせれば、母子共生段階からの最初の目標はこの川を上手にわたることです。そのキーワードになるのが、ジェリーさんが言われる「母と子の距離感」でしょうね。

その川を上手に渡った〇ちゃんは、「個性を確立した一人の女の子」と考えられ、自分の考えが表明できるようになっていきます。まだまだ自己中心的段階で、大人から見れば「メチャクチャな意見」を表明するのかも知れませんが、とりあえずジタバタしながらも、これからはジブンの行動を制御していくことを学んでいくでしょう。

子どもは植物のように成長していきます。これはジジの感想ですが、フレーベルもそのように考えたようです。ですから子どもの学ぶ場を、キンダー・ガルテン「子どもの園」と名付けたと言われています。

蛇足になりますが、20世紀の前半に行動主義心理学が台頭し、刺激と反射を単位として、子どもの頭脳をコントロールできると考えるようになりました。特にアメリカで主流にになったようですが、スキナーの新行動主義でも「動物の行動をコントロールできるように、子どもの行動をコントロールできる」と考えるようになりました。これがアメリカの商業主義と一緒になって、知育教育が盛んになったようです。

簡単に言えば「目標を見つけ、それをゲットする」という、子どものあそびのプロセスを研究対象から外したことと、ゲットした時の内的報酬(よろこび)を、外的報酬(賞罰)に置き換えてしまったようです。

もっと簡単に言えば、子どもの頭脳をコンピューターのハードウェアーに譬えて、教育内容を自分たちの開発したソフトウェアーにしたと言ってもいいかもしれません。

どんな研究にもそれぞれの時代の背景があって、功罪交々ではあるのでしょうが、子どもの情緒的成熟を無視したということは、罪になるのではないかと思いますね。

精神分析学の用語に「カセクシス」と言う言葉があります。「情緒的結びつき」のことです。たとえば、子どもが散歩をしていて、ドングリを見つけて、ママにプレゼントしようと拾って帰ります。この時のドングリは子どもにとってとても大切なもので、情緒的に結び付けられています。ですからこのとき、そのドングリを失くしたり、プレゼントを受け取ってもらえないと、パニックを起こしたり失望したりしますよね。

行動主義心理学の教育は、こういった世界との情緒的結びつきを、研究の対象から外して考えたようです。

「早く早く、隣の子どもより賢く、少なくとも隣の子どもより遅れないように」とおおよそ50年間、ママの気持ちを掻き立ててきた原因ですね。
少し長くなりすぎました。ごめんなさい。

運動発達・情緒発達・認知発達はいづれも、子どもの発達にとっては大切なことです。

そして、そのことを誰よりもよく知っているのは一人の科学者ではなく、子ども自身です。

子どもを信頼して、私たち大人の考え方を再考していくことが、今必要な時かもしれません。




*********************



ジジさんの指摘されている運動発達・情緒発達・認知発達、この三つの領域に配慮した乳幼児の場所が日本にどれだけあるのかわかりません。

なかでも「情緒発達」に関しては一番置いてけぼりになっているように感じます。

こどもがどう感じようが構わないで、
一方通行の刺激を与え続けることに時間や労力やお金を費やすことの価値があるかどうかを、
友だちや近所の人や、確証のない噂ではなく
私たちの頭の中でよく考えてみる必要があります。



答えは子どものなかにあります。

残念ながら大人は持ち合わせていませんので。




  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

勉強会報告 :: 2016/11/07(Mon)


前回の記事でも紹介いたしましたが、
先日池田ルームのお母さんのための勉強会を開催しました。


こちらのブログにコメントを寄せて下さる
貴重なお二人に(しかも歳も近い!)講師として来阪いただき、一堂に集うなんてなかなか贅沢なことでしょう!


そして、お母さんがたがなかなか耳にすることのできない幼児教育の真髄がここにあると自負しています。


幼児の描く絵についてお話しするmasa先生。
一人ひとりの手の動きを観察したうえ、「いま」持ち合わせている力と
内発的な欲求を満たす教育的仕掛けを考えるプロフェッショナルです。


母親のみならず、こどもと関わる全ての職業の方々に ぜひおさえていただきたい内容ですが、
こども一人ひとりの身体発達に合わせた関わりや見方を、果たしてどれほどの幼児教育のプロとよばれる方々がしているのか疑問です。


世の中には何歳までにこうしなきゃとかいう本や情報が溢れ、乗り遅れたら母親の責任といわんばかり急がされ追い詰められる見えない緊張があるように感じていました。なんででしょうね。

自分の子育てのためにと、あそびのアトリエで学び始めた頃、
こんなこと誰も教えてくれなかったなぁ~という思いと、知っていればもっと楽に子育てできていたのになぁ~という後悔の念から
ジジさんに「お母さん達を対象に講演会してください」とか「本を出したらイイのに」と
伝えたことがあるのですか、

「いやぁ、誰もわたしの話はきかんよ」や
「誰も読まんよ」と笑いながら答えてくれたことがありました。


その辺りもmasa先生も同じことをおっしゃっておられ、ひそかに面白く感じました。


本当に大切なことは見えにくく、伝わりにくいものなんですね。(サン=テグジュベリ『星の王子さま)


でも、こどもの中の大人を育てようと周りの大人が「早くできるようにすること」や「足りないところを埋めること」に目を向けてひきあげようとするより、


急がず、焦らず先回りせずに「こどものいま」に焦点を当ててゆったり関わる方が
明らかに余計な労力も必要としませんし、小さな出来事に喜びあえるし、こどもとの信頼関係も築けるし、理にかなっているといえると感じています。


これまでの人生経験で現実の世界では、
幼児教育がビジネスの手段となり(ビジネスが悪いのではなく)、
幼児教育について何も知らない根も葉もないどこかの受売りをそのまま採用したり、流行りのお母さんウケのよい言葉を並べて園児獲得をするけど実際中身は違っていたり、肩書きはあるけど不在の多い「園長」がいたりすることは結構あるものだと知りました。


要するに、結構デタラメでいい加減な
科学的根拠に基づかない
あるいは一部の情報のみを過大に広告する
こどもを対象としたビジネスが横行していると
いうことです。


乳幼児期の子育てを「こうすれば賢くなる!」とか「簡単!子育て術」のような安易な情報を鵜呑みにしない、人任せにしないで、
自分の心の目で見て、どう感じるのか
心の声に耳を澄まして聞いてみることの大切さを
改めて感じるの日となりました。



masa先生が昭和幼稚園のことを
「日本一だと思っている」とおっしゃったことが印象的でした。
masa先生のような園長先生がもっと多くいれば、日本の将来を左右するくらいの違いがあることだろうと思うのです。大袈裟ではなく。


大変ご多忙ななか池田までお越し頂けて嬉しい限りでした。
どうもありがとうございました。








  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

2016 あそびのアトリエ勉強会 :: 2016/11/03(Thu)



毎年、一年に一回
熊本からあそびの心理研究所のジジさんと、もうお一方 講師を迎えて あそびのアトリエの会員のための「お母さんのための勉強会」を開催しております。


今回はかねてよりお会いしてみたいと願っていた静岡の昭和幼稚園の園長先生に思い切ってオファーしたところ、快くお引き受けくださり
池田まで来て頂けることになりました!



「幼児教育」といえば乳幼児早期に右脳や英語や体操やといろんな刺激を与えて賢くすることに躍起になる科学的根拠のない情報がブログ記事に溢れるなか、
園長としての長年の経験と豊かな知識で実にこどもをよく観察された記事を綴っておられる
大変勉強になるブログにであったのです。
わたしにとって頼りになる大きな出来事であった訳ですが、それがまさしく今回の講師のmasa先生です。


こどもの見方に関してジジさんから学んだことと非常によく似た共通点があり、
スッと納得できるのです。
読んでいて、「そうそうその通り!」とか「あ~、そうなのか!」とか「それ、面白い!」となるのです。
(博学であるうえ大変芸術 とくに音楽の分野にも精通されていらっしゃるので、わたしには追いつけないことも多々ありますが・・😵その点含めて尊敬しております)


小さな教室ですので孤立しがちですが、masa先生の記事を読むと、「ここにも同じことに価値を感じる仲間がいた!」と勝手に仲間意識を抱き嬉しくなるのです。

このブログにリンクさせていただいているので、
ご覧になって見てくださいね。


そのmasa先生とリボンクラブの師であるジジさんをお迎えしての勉強会を
11月5日(土)10時から開催するのですが、

ひとつ残念なことに
本日までに参加予定だった方の都合が悪くなりキャンセルが相次いで起こりました。


小さな教室ゆえもともと参加人数も少ないうえ、
毎年会員限定の勉強会としていたのでいたしかたないのですが、
参加者が会員の半数を切ってしまっては、
年に一度のこの機会が大変もったいないと言わざるを得ません。


そこで、今年は
勉強会の対象者を
●あそびのアトリエ会員の知人・友人
●あそびのアトリエの活動に興味がある
●現在(近い将来)子どもに関わる職業に就いている(予定である)
●自身の子育てに活かしたい・・など


と広げることにしました。

日も迫っているので、都合をつけるのは難しいかもしれませんが、
ぜひこの貴重な1日をご自身のために過ごしてみませんか?


勉強会の詳細については、
メール又はお電話でご案内いたします。
時間帯によっては電話には出れないことがあるかもしれません。
その際は、こちらから折り返しご連絡致します。


メール: omocharibon@gmail.com
電話:090-5961-9952(横田)


なお、docomoメールの方はgmailが送信出来ず返ってきてしまいます。その場合は、個人用のソフトバンクメールにてご連絡いたします。


















  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

ママたちへのメッセージ :: 2016/09/23(Fri)

前回の記事にジジさんからコメントをいただいたので、改めてこちらでご紹介。


「この1ミリを微調整する経験が、今の子どもたちの生活やあそびの中でどれだけあるのか知りませんが・・・」

「1ミリの微調整」は注意が集中される中で可能なのでしょうね。

早期教育の塾では、一般的にこういう所には注意を向けないでしょう。外からの刺激に対して、何らかの反応を身につけていくことに関心が向けられているように思います。

何を信じるかは人それぞれですから、とやかく言うことはできませんが、私たちリボンクラブでは、子どもが自力で成長していく姿に、焦点をあてていきたいと思いますね。

「自覚と制御」という言葉があります。

幼年時代は、概ね「無自覚と制御」という段階だと思います。これが、学童期に移って年齢を重ねるにしたがって「自覚と制御」を身につけていくようです。

どういうことかというと、例えば母語は無自覚に覚えていきます。中学生に「ニホン語はどのようにして覚えましたか?」と聞いても答えられないでしょう。答えたとしても「自然に覚えた」としか言いようがないと思います。

ところで「国語はどのようにして身につけましたか?」と聞かれたら「教科書や先生に指導してもらって身につけました」と答えることができるかもしれません。国語は自然に身につけることはできないからです。

話し言葉は自然に覚えて操作することができるようになりますが、書き言葉は練習をして身につけていきます。

このあたりに「無自覚と制御」と「自覚と制御」の違いがあるようです。

「1ミリの微調整」は、ここでは「微細な運動の調整」という意味合いが強いと思いますが、中学生くらいになって作文を書こうとするときには「微細な概念(言葉)の調整」が必要とされてくるでしょう。

とくに手紙のようなものではなく、誰が読むのか分からないような「記事のような文章」を書くとしたら、それぞれの概念(言葉)の調整をしながら、記述していかなければならないと思います。

このあたりを支えているのが「自覚と制御」という働きかも知れません。発達は一足飛びに行くのではなく、順序もありますし、時間も必要とするようです。

5歳のお譲ちゃんの「1ミリの制御」が、どのような道筋を通って「自覚と制御」という段階にたどり着くのか?興味深い問題です。

「自然に成長していく領域があって、その領域を基盤にしながら自覚して成長していく領域が継ぎ足されていくのだ」ということを発見したのがヴィゴッツキーです。

これが、自然発生的概念から科学的概念へというテーマでした。

ヴィゴッツキーの活躍した1920~30年ころは、行動主義心理学の隆盛期だったようですが、ヴィゴッツキー自身は行動主義の考え方を不十分だと考えていたようです。

このあたりの論争になるとジジにもなにがなんだか?分からなくなるのですが、

ピアジェもヴィゴッツキーも、子どもの自然発生的概念に焦点をあてていたということは共通しています。

そして行動主義は子どものこの領域を「科学の領域に入らないもの」として無視したようです。

ジジが出会った「早期教育しているママたち」にも同じようなところがあります。子どもの自然な発達に目を向けないで、メソッドの効果に価値をおいていました。

ジジがなぜこんなことをクドクド言うかというと、リボンクラブのママたちには
せめて子どもの自然な発達に目を向けて欲しいからです。

それは、幻想でも何でもありませんよ。

子どもたちは将来の自分にとって今必要なことをしていくのです。

ヴィゴッツキーは、障がい児教育の専門家でもありました。

彼の考え方は「障がい児は、同年の健常児より少ししか発達しないのではなく、
彼自身の発達の仕方をする」ということだったようです。

「一人一人は違うということ」この考え方を身につけていきたいですね。



わたしは、ジジさんのように論理的にママたちへメッセージを送ることはできないでいますが、
こちらを読んでいただくと、

そうか、ジェリーさんが言ってたのはこうゆうことか!とご理解いただけることと思います。


幸い、拙いわたしのメッセージからも
何かを感じ取って実践されているママたちがいます。

それは、子どものあそぶ様子や話すことから見えてきますし、

ママたちの家庭でのエピソードを聞いているときに、その出来事に対してどう見て感じているのか伝わってくるのです。


そうすると、たとえこどもがなにがしかの事情を抱えていたとしても、
スーッと発達の軌道にのっていくのがわかるのです。


こどもを変えようとしないで、わたしたちが学ぶこと。


どこかの誰かに言われた根拠のない不安材料に惑わされることなく目の前のこどもを信頼して、

二度とかえらない貴重な瞬間を見逃すことなく子育てしたいものですね。










  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

『家族の家事ノオト』 :: 2016/09/15(Thu)


転勤族でしたので、3人のこどもを幼稚園に通わせるにあたり、関西・九州とじつに計5つの園に通ったことになる。

なかでも末っ子を通わせていた幼稚園は最も少人数でこじんまりとアットホームな雰囲気で、
卒園するときは、もうここに来れなくなるのかと思うと寂しくなるような園だった。


その幼稚園に通わせていたお母さんたちは、
多才な方がたくさんいて、わたし自身も刺激を受けた。
育児や安全な食事、絵本や健康などなど、
お母さんがイキイキと毎日を送るヒントを随分与えていただいた。


今は府外へ転居されているので直接お会いする機会は難しくなったけど、
園で出会った彼女から学ぶものは大きい。
彼女のような人がいるから頑張れる。

パワフルで自身のこどもだけでなく地域のこどもたちのことも視野に入れて活動されている彼女のブログをご紹介。


吉田さん(家事セラピスト)のブログ(下記をクリック!)
家族の家事ノオト



  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
前のページ 次のページ