FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





秋のおさんぽ会 ~年中・年少さん~② :: 2014/12/02(Tue)

途中で買った焼き栗を4人で同じ数になるよう分けてもらいました。

「それはぼくの役目だ」と思ったのかはわかりませんが、進んで分ける役を買って出る年中さん。年少さんの女の子達も黙って見守ります。

袋から一つずつ出して同じになるよう分けています。

皆に4コずつ配り終えた時点で、残りが2コとなりました。(18コ入っていたようです)

一瞬、間があきました。

「 あまっちゃったね、どうする?」と尋ねると、

女の子の一人が「自分と男の子に加えたらよい」と言いました。

「なるほどね。確かに残りはなくなるね。」とわたし。


女の子のこの意見に、男の子は栗が増えて喜ぶかと思い表情を伺うと、なんだかスッキリしない顔・・

「だって。◯くん、それでいいかな?」

首をかしげる◯くん。半分嬉しそうで、半分困っている様子。
「え? 今のダメかな? よくない気がする?」

モジモジ動きながら「うん」

「どうして?」

「・・少ないのもあるから・・・」

どうやら、数の不平等に気づき、少ない人がいるのはダメなんじゃないかと感じているようでした。

◯くんは、栗が焼けた時から率先して袋を持ってくれたり、みんながまだお弁当を食べている最中にも袋の中を覗き、一番食べたそうな意欲を見せていました。
自分の取り分が増える案には喜んで賛成するだろうと思いましたから、◯くんの困惑には正直「え?◯くん、そんなふうに考えるの?」と拍子抜けしちゃいました。見事に裏切られた訳です。


すると、先ほど意見を出してくれた女の子が首を横に振り、自分と男の子でわけたらいいと再度主張しました。
うんうん、いいね!自分の考えを言葉で伝えることは大切です。もっと考えることにつながります。


そこでもう一人の女の子に聞いてみました。

すると、さきの女の子の意見に賛成し、二人は5コ、自分は4コ案でいいと言うのです。

え~っ!?
「わたしも5コほしいわ。二人だけ5コでわたしが少ないのはイヤよ」って言わないの~?

またまた期待を裏切られました。


自分がみんなより少ないことに気づいていないのか?
自分が少ないのをわかっているけど欲求を抑えたのか?
あるいはその場の空気に押され、よく考えず言ってしまったのか?
自分の意見を表現する言葉を持ち合わせていなかったのか?
いずれにせよ、丁寧な観察が必要だと思いました。


それならと思い、「ジェリーさんは、栗たくさん食べたいから4コはイヤよ。5コがいい!」と

課題を与えてみました。

悩む◯くん、それでいいの!と主張する女の子、異論はないともう一人の女の子。

こうなるとわたしの主張を押し通すのは苦しい状況。結局、じゃあそれでいいかということで一応の決着をつけました。


今は昔と違って核家族化し、兄弟も多くてもせいぜい3人といったところがほとんどではないでしょうか。

わが家もそうですが、一人ひとりに好みのおやつを買うことが多く、大人数でモノを分ける経験が今の子たちには圧倒的に少ないように思います。

こどもが集まるときをねらって、この「分ける」課題を積極的に取り組んでいます。


比べたり、違いに気づいたり、″余り″をどう扱うのか?
もっともな理由で皆が理解し納得できる意見を言ったり、腑に落ちないながらもガマンしたりといろんなこどもの姿がみえてきます。


このような体験をして割り算の基礎を学んだり、情報を伝達するプレゼンテーションの能力を養ったり、感情を制御して社会に適応する力を育んでいるといえます。


こどもたち、あっぱれですよね!


そばにいる大人はなるべく裁かずに、こどもの表情を見ながらサポートに徹したいものです。
「よくばりね」「ハッキリ言いなさい」など、人格を傷つけたり否定するような声かけは慎まなければなりません。








栗を焼く機械でしょうか?ハンドルが自動でクルクル回転していました。

「すごい!だれもさわってないのにうごいてるよ」








  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

秋のおさんぽ会 ~年中・年少さん~① :: 2014/12/01(Mon)


箕面の滝道をおさんぽしました。
只今、紅葉シーズンとあって府内外から観光客が集まります。

普段は室内でのリボンクラブですが、初の戸外での活動に、ドキドキしている子、ちょっぴり不安な子・・

いろんな気持ちでおうちの人とわかれていざ出発~☆

「滝ってなんだろう?」







お店の商品を物色中






マンホールは「箕面の滝」仕様。


川に出会いました。
「降りてみよ~」




「つめた~い!」

目から、匂いから、皮膚から秋を感じています。



他の季節との違いが身体全体に入ってくるようです。






足場の悪い、子どもたちの胸ほどある岩場


一段一段の高さがまちまちの石の階段

身体全体を使ってよじ登ったり、しゃがんだり。

どれも家の中や整備され過ぎた場所ではこのように身体を使う機会を得ることができませんね。

危険を回避し、より安全な経路や手段を判断できる能力を養います。

「こっちの道でいってみる~」


滝道の途中にある昆虫館。
ここで最も多くの時間費やしたのは、入館してすぐの特設展示コーナー。

子どもたちの視線を集めているのは、なんとオオゴキブリです!

「え~」「いやだ~」と言っていたのに、優しい学芸員のお姉さんにその生態の説明を聞いてから、まずは指先でちょんちょん触っていたかと思えば手のひらに乗せるまでになりました。
すご過ぎる~☆

あまりの子どもたちの食いつきの良さに背後の館長さんもニッコリ笑顔。


昆虫館では無料の制作コーナーが。
ガールズ二人は、館内のフェルトを切ったり貼ったりするマスコット作りを。


男の子は館外のぬり絵と工作。

わたしがどちらかをずっと見る訳にいかず、館内外を出たり入ったりしていましたが、子どもたちは特に困ることに遭遇することもなく双方自分で解決していました。


観光客が増えて来ました。
さぁ、滝を目指して歩こう~

「たき、まだなん~?」
「あ~、おなかすいた~」
「あし、しびれてきた(?)」
「くび、いたい~」


がんばれ、がんばれ!

道行くおじいちゃん、おばあちゃんが声をかけてくれます。

滝、到着~☆

写真を撮っていたら、笑顔で視線を送ってくれるおじいちゃん。

「いや~、来るとき一緒に上がってきたからね~」

声をかけてくれるお年寄りは、荷物を背負って坂道を歩く幼子に親近感を寄せ、見守り、励まし応援したくなるようです。

こどもの周辺にこのような大人がいれば、
安心して子育てできる世の中なんだけどな~。

さぁ、お弁当を食べよう

おいしい顔み~つけた












  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

静の表現?と話す表現 :: 2014/11/10(Mon)


鑑賞の後は、神戸の海が見える場所でお弁当タイム♪
この日はあいにくのお天気でしたが、晴れていたらもっと気持ちよかっただろうな~

漁船の出入りがありました。



男の子たちのすることは、全く意味不明!
なんだろう? ・・・あれ、あれ?なんだかアート作品に見えてきた?

「お寿司」だそう。
と、すると下がシャリで、上がネタ!?
本人曰く「マグロ」。

こちらは「エビ」!


奥の二人組、こちらに至ってはもはやわかりません(笑)

しかも裸足!この寒空の下、大人には考えられません~


もみくちゃになってます!
何人いるか、わかりますか(笑)?

どうして男の子はこんなあそびが好きなんでしょうね~。こんなことを存分に経験して素敵な青年になるんでしょうね。

女の子たちは、こんな楽しそうな男の子達を見て「ねぇ、ジェリーさん、男の子はなにしてるの?」
「いや~、ジェリーさんにもわからんね~、聞いてみたら?」


自分の選んだポストカードについて、どうしてこの作品を選んだのか、どこが気に入っているのか一人ひとりみんなに紹介してもらいました。






みんなの目が集まるって、とってもドキドキしますよね。
ジブンの気持ちや考えを言葉にして表現するのが得意な子もいれば、時間を要する子もいます。
気持ちが整うのを待つ時間を保証すると、みんなジブンの言葉で表現することができました。

これには「聞く」態度も必要です。
あなたのお話を聞きたいよという気持ちが態度で示されなければなりません。
聞く人は「静かに」ですね。


駅まで歩きます。



吹奏楽部のお姉ちゃんが打つ拍を真似っこするリズムあそびを考えてくれました。


神戸市は芸術にかけるお金がたくさんあるようです!
震災でこの地に移った美術館。へ続く道は《ミュージアムロード》と名付けられ、歩道の真ん中に巨大なアート作品が!



こうして無事、年長さんのアートを巡るおさんぽ会を終えることができました。

豊かな感受性を持つ小さな子どもたちのために、なるべく負担のないよう配慮くださった美術館主査学芸員の遊免さんに感謝いたします。
素晴らしい《ホンモノ》に触れる機会を持てたことを幸せに思います。




  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

アート作品に触れる :: 2014/08/05(Tue)


年長児と電車を乗継ぎ、書家の紫舟さんの展示を見に行きました。


紫舟さんのことは数年前の情熱大陸という番組で知りました。

特に書に精通しているわけでもないわたしですが、彼女の生き方に共感したり作品に大変魅了されました。

書という枠組みには収まらないアート表現には世界中にファンもいて外国からも見に来られるそうです。

『生命は生命の力で生きている』
チームラボの技術とコラボ。

筆で運ばれた「書」が360度クルクル回転しながら「木」の質感へ変化し、「生」という漢字になっていきます。


「あっ!木になった!」とこども。


どうなってるの?間近で見てみたい。

生命力が宿った書の木に四季の移ろいが表現されます。


花が咲き、蝶が舞い、青葉が茂り出しました。

ずっと見ているのに、どこが変化していっているのかわからない、
じわ~っとゆっくり変化するあたりが面白い。


「書の彫刻とモビール」

「だいじょうぶ」
「おかげさまで」などなど。

ひらがなの読みを習得している子達が読み上げながら見て行っていました。

ひらがなが鉄の彫刻となり、作品に照明が当てられることで壁面にも影で映ります。
言葉の持つイメージから光の強さを調整してあるそうです。


書のモビール!初めて見ました。


『瀧心図』

滝の流れる様子が映し出されたスクリーンの前に立つと、「心」の付く漢字が現れます。


はじめは「憂」「恐」など


滝で心が浄化され「快」や「恋」などと現れる漢字が変わってきました。



こども達にはもちろん漢字の持つイメージはわかりません。

彼らは現れる漢字の色や大きさから喜びを感じていたようで、現象を楽しむ様子がありました。

又、カメラを持ってきていたお友達にシャッターチャンスを知らせるなどの協力する姿がありました。




持参してきたおにぎりを食べているところ。


この展示はパソナ大阪ビルの中で常設されていて期間はないようです。
なんといってもこのビル全体が美術館のようになっていて、紫舟さんの展示の他にもアート制作に秀でた才能を持つ障がい者の雇用を進めているそうです。

ですから、ビルの壁面には至るところに目を引く美しい絵画が展示されており、パンの製造や社員食堂(おしゃれカフェといった雰囲気)の人材として社会参加しておられる素晴らしい企業でした。

私たちがこのビルを後にする時間がちょうどお昼過ぎでしたが、広いエントランスでキレイなドレスを着たお姉さんがピアノの生演奏を披露しておられました!

なんて贅沢な空間なんでしょう。
夢の空間にいるようで少々感覚が麻痺しそうでした。

展示を見にこども達が来ることは、これまでになかったそうで案内してくれた担当の方が私たちの鑑賞を大変喜んで迎えてくださいました。

そして感受性の豊かなこども達にこのような機会があるのはとても良いことだとおっしゃってくれました。

この日に一緒に行けなかったお友だちともう一度訪れる予定です。









  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

おさんぽ会~ココロ温まるエピソード①~ :: 2014/05/19(Mon)

おさんぽ会は、室内ではわからないこどもの新たな動きを観察できること、

こどもの頑張る姿を見ることができ、
とても良い時間です。


そのなかでも、ホッと笑顔になれる一コマをご紹介。

いつも元気な年長さんの★くん。
「○ちゃんと、うまい棒はんぶんこするねん!」
お弁当の後、そう話してくれました。


そういえば★くん、道中おやつにうまい棒を持ってきていることを嬉しそうに話してくれていました。

○ちゃんは、★くんより年下の女の子。
へぇ、優しいとこあるやん!やるなぁ~と思っていたら、

写真のように上手く半分に折れず3:1くらいの割合で折れてしまいました。

「あっ」

見た目にも明らかに小さいのと、大きいのになってしまい、そこに居合わせた
★くん、○ちゃん、わたし、し~ん。


「う~ん、どうしよう~」と★くん。

めちゃめちゃ悩んでいます。


大きい方をジブンが食べたい!

では、小さい方をあげればよいが、それでは○ちゃんかわいそうと思っているのか・・?



まだ悩んでいます。

○ちゃんも何も言わず待っています。

ここはわたしに見られていることで★くんの気持ちに圧力をかけてはいけないと思い、しばしその場を離れました。

・・・・

しばらくして戻ってみたら、


二人ともうまい棒食べていました!


よかったね。悩みが解決したんだね。

と、思って二人が手にしているうまい棒に目をやると、


○ちゃんが食べている。

★くんはその手に隠れるほどのうまい棒・・


!!!


なんと、大きい方を○ちゃんにあげたよう。


小さい方を食べている★くん。
その表情に不満や怒りはない。
実に穏やかで満足そうな柔らかな表情。


「大きい方、○ちゃんにあげたの?」

「うん」


えぇ~!?
膝から崩れ落ちそうでした。


★くん、カッコいいぞ~!
もう、泣きそうです。わたしが!



  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
前のページ 次のページ