FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





アート作品に触れる :: 2014/08/05(Tue)


年長児と電車を乗継ぎ、書家の紫舟さんの展示を見に行きました。


紫舟さんのことは数年前の情熱大陸という番組で知りました。

特に書に精通しているわけでもないわたしですが、彼女の生き方に共感したり作品に大変魅了されました。

書という枠組みには収まらないアート表現には世界中にファンもいて外国からも見に来られるそうです。

『生命は生命の力で生きている』
チームラボの技術とコラボ。

筆で運ばれた「書」が360度クルクル回転しながら「木」の質感へ変化し、「生」という漢字になっていきます。


「あっ!木になった!」とこども。


どうなってるの?間近で見てみたい。

生命力が宿った書の木に四季の移ろいが表現されます。


花が咲き、蝶が舞い、青葉が茂り出しました。

ずっと見ているのに、どこが変化していっているのかわからない、
じわ~っとゆっくり変化するあたりが面白い。


「書の彫刻とモビール」

「だいじょうぶ」
「おかげさまで」などなど。

ひらがなの読みを習得している子達が読み上げながら見て行っていました。

ひらがなが鉄の彫刻となり、作品に照明が当てられることで壁面にも影で映ります。
言葉の持つイメージから光の強さを調整してあるそうです。


書のモビール!初めて見ました。


『瀧心図』

滝の流れる様子が映し出されたスクリーンの前に立つと、「心」の付く漢字が現れます。


はじめは「憂」「恐」など


滝で心が浄化され「快」や「恋」などと現れる漢字が変わってきました。



こども達にはもちろん漢字の持つイメージはわかりません。

彼らは現れる漢字の色や大きさから喜びを感じていたようで、現象を楽しむ様子がありました。

又、カメラを持ってきていたお友達にシャッターチャンスを知らせるなどの協力する姿がありました。




持参してきたおにぎりを食べているところ。


この展示はパソナ大阪ビルの中で常設されていて期間はないようです。
なんといってもこのビル全体が美術館のようになっていて、紫舟さんの展示の他にもアート制作に秀でた才能を持つ障がい者の雇用を進めているそうです。

ですから、ビルの壁面には至るところに目を引く美しい絵画が展示されており、パンの製造や社員食堂(おしゃれカフェといった雰囲気)の人材として社会参加しておられる素晴らしい企業でした。

私たちがこのビルを後にする時間がちょうどお昼過ぎでしたが、広いエントランスでキレイなドレスを着たお姉さんがピアノの生演奏を披露しておられました!

なんて贅沢な空間なんでしょう。
夢の空間にいるようで少々感覚が麻痺しそうでした。

展示を見にこども達が来ることは、これまでになかったそうで案内してくれた担当の方が私たちの鑑賞を大変喜んで迎えてくださいました。

そして感受性の豊かなこども達にこのような機会があるのはとても良いことだとおっしゃってくれました。

この日に一緒に行けなかったお友だちともう一度訪れる予定です。









  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

おさんぽ会~ココロ温まるエピソード①~ :: 2014/05/19(Mon)

おさんぽ会は、室内ではわからないこどもの新たな動きを観察できること、

こどもの頑張る姿を見ることができ、
とても良い時間です。


そのなかでも、ホッと笑顔になれる一コマをご紹介。

いつも元気な年長さんの★くん。
「○ちゃんと、うまい棒はんぶんこするねん!」
お弁当の後、そう話してくれました。


そういえば★くん、道中おやつにうまい棒を持ってきていることを嬉しそうに話してくれていました。

○ちゃんは、★くんより年下の女の子。
へぇ、優しいとこあるやん!やるなぁ~と思っていたら、

写真のように上手く半分に折れず3:1くらいの割合で折れてしまいました。

「あっ」

見た目にも明らかに小さいのと、大きいのになってしまい、そこに居合わせた
★くん、○ちゃん、わたし、し~ん。


「う~ん、どうしよう~」と★くん。

めちゃめちゃ悩んでいます。


大きい方をジブンが食べたい!

では、小さい方をあげればよいが、それでは○ちゃんかわいそうと思っているのか・・?



まだ悩んでいます。

○ちゃんも何も言わず待っています。

ここはわたしに見られていることで★くんの気持ちに圧力をかけてはいけないと思い、しばしその場を離れました。

・・・・

しばらくして戻ってみたら、


二人ともうまい棒食べていました!


よかったね。悩みが解決したんだね。

と、思って二人が手にしているうまい棒に目をやると、


○ちゃんが食べている。

★くんはその手に隠れるほどのうまい棒・・


!!!


なんと、大きい方を○ちゃんにあげたよう。


小さい方を食べている★くん。
その表情に不満や怒りはない。
実に穏やかで満足そうな柔らかな表情。


「大きい方、○ちゃんにあげたの?」

「うん」


えぇ~!?
膝から崩れ落ちそうでした。


★くん、カッコいいぞ~!
もう、泣きそうです。わたしが!



  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

春のおさんぽ会 ② :: 2014/05/19(Mon)


蜜柑の白い花が咲き、良い香りが辺りに広がっています。


高い遊具に登ってきました。
あと、もう一歩!


どうやって下りようかな?
高いなぁ。こわいなぁ。



下りてこれました。


茶臼山古墳公園

ここは斜面に気の根っこが出てたり、砂利よりどんぐりが多く落ちているため、
舗装された道のように歩いていては滑ります!


何かを探しているよう。







穴がポッカリあいた面白い太い木。



急斜面を下ってみよう!



よし、行くぞ!





1m位の高さをジャンプで下りる。


ぼくも!


ぼくはお尻をつけたまま挑戦!


ぼくはどこから下りればより安全におりれるか?辺りを分析し、状況を探っています。


ココだと判断した模様。


無事下りることに成功したこどもたちの関心を集めたのは、

たまたま放置されていた水の容器から流れ出したボウフラ入り水が側溝を下っていく様子を見ること!

ボウフラがクネクネ動くのと、どこまでも続く水の道・・


ワァワァ大騒ぎです。

大人には、ギョエ~って思うものもこんなに楽しい。(笑)


このときは、死んだミミズだったかな?

とにかく立ち止まっては、虫や花を観察したり、採取したりと落ちているものから目線の高さまで、

何でも興味があるので、

その都度立ち止まる。

散歩って楽しい。

こどもの興味がどこにあるのかよくわかる。








  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

春のおさんぽ会① :: 2014/05/19(Mon)

とても気持ちのいい晴れた日。
おさんぽに行ってきました。


出発~!

今回のおさんぽ会は、プラネタリウム鑑賞と、

途中の公園で寄り道しながら、アスファルトで舗装されていない砂利道や急斜面
も歩きます。



木登りに挑戦~!


この写真の中に何人こどもがいるかわかりますか?


ブランコだって立ち漕ぎで、こんなに高く漕げるよ~!


ぼくも登りたい!挑戦中!!


頭を集めた視線の先には虫・・



五月山児童文化センターに到着。

10時前に出発して、11時半に着いたので
途中休憩も入れ1時間半かかっています~。
(休憩もこども達はあそんでいました!)


ツカレタけど、シンドイけど、がんばっています。階段を上がり切るまでもう一息!


到着がプラネタリウムの上映時間ギリギリになってしまいましたが、

リボンクラブの貸切でしたので、トイレの時間も取ってくれました。

お友だちのなかに、過去の経験からプラネタリウムに不安のある子もいましたが、安心できるよう児童館のスタッフみなさんが優しくお声がけをしてくださいました。

「ここのはね、特別大丈夫なんだよ。心配ないよ。」


温かい光景でした。

「あなたを受け入れますよ」という空気が感じられました。


多くの大規模な施設では、
プラネタリウムの方針を重視すると、そこに添えない子は「ご遠慮下さい」と排除されてしまいます。(当然といえば、そうなのですが)


プラネタリウムの生解説をしてくださった方は、不安を解きほぐすように「笑い」を交え面白く教えてくれました。


(一部男の子達は元気良すぎて、少々釘を刺されましたが・・・。)


こんな周りの大人の温かい配慮により、みんなで40分間の幼児プログラムを最後まで楽しむことができたのです。

苦手を乗り越えた自信につながるかもしれません。

そんな意味でも、この「小さなプラネタリウム」を貸切にできてよかったな~と思いました。


鑑賞後は、外でお弁当タイム。
遊具に思わず引き寄せられる子達。









赤ちゃんをあやす「お兄さん」の姿も。






  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

春のおさんぽ会 :: 2014/05/12(Mon)

5/17に五月山児童文化センターにプラネタリウムを観にいきます。


小さなプラネタリウムですので、
リボンクラブの貸切にしてくれ、幼児用のプログラムを投影してくれることになっています。

おうちより広くて、暗くて、大きな音が聴こえる空間に、ちょっとドキドキするかもしれませんが、

ニーナさんやジェリーさんがいるから、
きっと大丈夫だよ!と安心して送り出してあげて下さいね。


約2,5kmの道程ですが、こどもたちは何分かけて歩くでしょう?


古墳公園の勾配を歩いて探検したり、
木登りができるとイイな~と楽しみにしています。


よほどの大雨でなければ決行します。
カッパをお持たせ下さいね。

  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
前のページ 次のページ