あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





待っててはいけないこと② :: 2017/04/01(Sat)


前回に続き、
おとまり会を通して気になったこと②です。


山は人間以外の動物の住処でもあります。

イノシシ、シカ、クマ、ヘビ、タヌキ、イタチ・・もちろん虫や植物も。


今回私たちが利用した宿泊施設は整備されていますが、山の脇にあります。
一歩 林に入っていけばそこは動物たちのフィールド


立看板がありました。


「このあたりは猟ができる地域です。
ハイカーは服装に注意して下さい。」

このような内容でした。

そこで、こどもたちから「なんて書いてあるの?」と聞かれたので、わかりやすく上記を説明しました。

「りょうってなんなん?」

「動物を鉄砲で撃って肉を食べたり、売ったりして生活する人たちもいるのよ」と答えました。

すると、

「かわいそう・・」という声がありました。




「あなたは肉をたべないの?」
「たべるよ。でもおかあさんがスーパーでかってるから」


スーパーで買っているから殺してない。だからかわいそうではないってこと?

ん? 何か変だなと思いました。

そうではありませんよね。


「スーパーで商品として並ぶためには、誰かがそのカタチにしてくれているのよ。私たちが直接やってないけど、誰かがやってくれているから食べれるの。
私たちが生きるということは他の動物の命をいただくってことなのよ。あなたのパパとは違う種類の仕事をしている人たちもいて、この世の中が便利に暮らしやすくなっているのよ」


そのようなことを話したとおもいます。


おそらく
とりわけ都市部に住み、パパが会社員などサービス業に従事する第三次産業の家庭が多い今のこどもたちは、
農業や畜産業、水産業などに従事している人々から切り離された生活を送っているので、
想像したこともないかもしれませんね。


人間は必要なことは考えるでしょうが、
必要ないことは考えたり、想像することはないでしょう。

でも、本当にそれでいいのかな?と思います。



山梨県で「時間に追われることなく、子どもと向き合う保育をしたい」と森のようちえんを立ち上げた幼児教育家の中島久美子さんは、

以前はいろいろな保育園や幼稚園で働いてきたそうなのですが、心の底から納得できないことが多々あったそうです。

転機となったのは、幼稚園に勤めていた際、ライオンがヌーを食べる絵本を読んだときに
やはりこどもが同じことを言ったそうなのです。


そのときのことをこのように紹介されておられます。


自然の中の命と自分の命がつながるっていう認識が必要だということです。(中略)
そのときの私は「まずい」と思ったんですね。「自分の命と自然が離れすぎてしまってダメだな」と思ったのと、その子が、僕は〝いい子〟、殺している人は〝向こう側〟と思っている感じがしました。人間は何かの命を犠牲にして生きていくもので、犠牲にしちゃうから申し訳ないと感謝して生きていくものなのに、その謙虚さみたいなものが感じられなくて。それは「まずい」と思いました。




人間優勢で人間本位に環境を汚染したり、都合の悪いものを見えないところに押しやったり、排除して成り立っている生活を送っているので、
こどもたちが知らないのは当然のことですよね。


だからこそ、
本当はそうじゃないのよ、と伝えなければ
私たちの存在そのものが危ういと感じるのでした。



しつこいようですが、
もう少し続きます。





















  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

待っててはいけないこと① :: 2017/03/30(Thu)



こどもたちと寝食をともにするまでのゆったりした時間の経過のなかでは、普段のプレイングではみられない様々な様子をみることができます。

こどもにとってお母さんと離れて寝るなんて大事件!
その日を迎えるまでにドキドキしながら、身辺と精神の自立に向けてココロの準備をしたのだろうと思われます。


就園前から育ちを伴走してきたコも含め
若干6歳にして見事な自立の一歩を踏み出す勇気に、
大きくなったものだなぁと感慨ひとしおです。


成長も確かなのですが、その一方でアレ?と気になることもありました。おそらく一般的な傾向であり、わたしの周りのこどもだけではない事柄なのだと思われます。
待っていてはいけない、日常から周りの大人が積極的に心掛ける必要があり、家庭でも実践できることだと思うので共有したく記事にいたします。



こどもが何かをしようとする度に
「ジェリーさん、◯◯していい?」と許可を求める、あるいは「◯◯がわからないからおしえて」とスグに尋ねて問題を解決しようとする点です。


普段のプレイングで信頼関係を築いてきたと自負していたため、余りにも尋ねられることの多さに面食らってしまいました。
(もちろん、この場面での愛着対象が「ジェリーさん」に変わったための揺らぎの心理状態が充足を求めるために一層の関わりを求めたのかもしれないことを考慮に入れてもですが)

~していい?
コレでいい?
わからない、おしえて!
知らないからできない!


わたしは本当に困っているときはもちろんサポートしますが、
ジブンの頭で考えてできる(できそうな)ことには
「あなたはどうおもう?」と聞き返してみたり「考えてやってみるといいよ」と不親切ともとれる対応をします。

まちがってもいいと思っているので、上手くできないから、あるいは失敗したからといって叱ったり報復したり恐怖を与えたことももちろんありません。
ですから、スグに聞いて解決しようとする場面に立ち会うと、残念に思えて仕方ないのです。

お手伝いするタイミングは先回りせず、どうするか待ってからでも遅くないと考えているからです。


こどもの承認欲求が強いとも言い換えられるでしょうか。(このような大人もたまにいますよね)


「いいよ」って言ってもらえないと不安。
ジブンというフィルターに通して考える前に大人に聞いて言う通りにするのが安心。
ものごとには正誤があって、間違ってはいけないと思っている。あるいは怖れている。
ジブンの判断は未熟で、いつも大人は正解を持っている。




外がわから善し悪しの評価をされることを早期に身につけてしまったため、ジブンの頭で考えて判断する前にジブンの外がわにある物差しで問題解決を図ることが習慣化していると、


やったことのないことは出来ない。
教えてもらわないと困ってしまう。
出来ないからやりたくたくない、といったふうに
新奇なことに挑戦する意欲を持てないどころか不安や恐怖にストレスを抱えることにつながるでしょう。
拒絶したくなるのではないでしょうか。

でも考えてもみてください。
小学校で出会う初めてのことはたくさんあるはずです。
世の中は正解のない問題に満ち溢れていますよね。


小学校は幼児期とは違っておうちの人との関わりがうんと減り、ジブンでジブンのお世話をすることが増えます。お友達との関わりが増え、ジブンで考えて判断して行動することが求められます。


ですが、小学校に入る準備として世の中にある習い事といえば、前倒しで算数の計算や文字を書いたり、
英語が必修になるといえば英語教室へ、
高学年の臨海学習で遠泳があるといえばスイミングへ
プログラミングが必要といえば教室へ、
といった具合に近い将来に備えて貴重な午後の時間を毎週削ってそのときのために訓練している訳でしょう。


以前、虹色教室の奈緒美先生が記事にされていましたが、家庭が家庭の機能を果たさず、もはや学校の予備校のような役割を担っている、との指摘は頷けます。


習い事が悪いと言っているのではなく、


何か成果を得ようとあらゆる習い事の門を叩いては辞めるを繰り返してこどもを連れ回したり、
こどものあれこれ試す自由なあそびの時間に替えてでも、
お母さんが送迎で忙しく疲れてしまうほど、ホントにその習い事ってこどもに必要なのかな?と疑問に感じます。


子育てをジブン意外の第三者に関わってもらいサポートしてもらうことは親子共々成長したり、新たな気づきが生まれるでしょう。
親の「ジブンのこどもをこんな風に育てたい」という強い信念があれば、幼児にとって家庭こそがまさに生活の場であり、自立のための機会に溢れているのです。

こどもと一緒に
洗濯したり、干したりたたんだり収納すること、
手はずを整えて切ったり、計ったり、炒めたり、煮たり調理をすること、
ものを片付けて、掃除をすること、
庭の草を引いたり、花や野菜を育てたり、
昆虫や動物を飼育したり・・

どれも身辺の自立に必要なスキルですが、全ておうちの人と会話をしながらできることばかりです。
幼児期こそ一番親と向き合え、家庭にいられる時間がたっぷりある時期です。

ジブンってスゴイと思える自己有能感が大切ということは広く知られていますが、その有能感の材料が誰かより何かができることや競争の中で優位に立つことにアンテナを向け続けていると、思春期以降社会と関わりを持っていくことが困難になってきます。


時の経過と共に疲れてきたり、ジブンが絶大な信頼を寄せていた有能感は実際にはそれはそんなに大したことではなかったと気づいたときに、自己のパーソナリティまで侵食されかねない危うさをはらんでいると思うのです。


ここまで記事にしたところで膨大な文字量になり、でも大切なことはシンプルで少しなのに、うまく表せないジレンマに宿ってしまって荒尾ルームのレオさんのブログ「自己肯定感を育てるって?」
を読みました。

偶然にもレオさんと同じような内容で、同じようにもどかしい気持ちでいることが伝わってきて少しホッとしてしまいました。



続きます。











  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:3

年長さんおとまりかい ② :: 2017/03/29(Wed)


あさですよ~

この施設のルール、
使った布団や枕のシーツを取ります。


朝食にはパンケーキを焼くことにしていました。

いただきま~す!


ニーナさんの後ろ姿ですが、その視線の先は・・

余ってしまった牛乳とジュースを廃棄するのは勿体無いので、お隣のコテージに宿泊している学生さん達に貰ってもらっては?と提案したところ、
賛成したこどもたちが意を決して持って行ったところを見届けている図です笑


見事に用件を伝え、受け取ってもらえた模様。

アレアレ?優しそうなお姉さんから何か手渡されましたよ。

どうやら牛乳やジュースがたくさんのお菓子に替わって帰ってきました。
とても嬉しそうなこどもたち。


お昼のおにぎりを作るお手伝い。



のんびりハンモックで揺れあそび。





ツリーハウスに上って。



さあ、高見城山へやまのぼり!

行く手はなんだか薄暗い・・


歩き慣れた五月山とは違って斜面は急だし、足場は悪い。道も細く、険しい。



柏原の町が見渡せるようになってきました。

さぁ、がんばるぞ~!




町を手に乗せてみました!



あまりの険しさに遂に足が止まり動けなくなったお友だち。「がんばれ~!」応援します。

引き返してどこをどのように足を運べばよいのか教えてあげているようでした。
手を引っ張ってあげる様子もありました。


がんばれ、がんばれ

ジブンをはげましながら一歩一歩確実に歩みを進めています。


帰りの時間に間に合うよう頂上は断念し、ココで昼食を食べることにしました。


どこかに腰を掛けるにちょうど良さそうな場所はないかな?

あったあった、ココにしよう!

下山も険しく、「ホントにこんな道を上がってきたのかなぁ」なんて首をかしげたくなるほど大変な道のりでした。こどもたちは幾度と尻餅をついたり、座った姿勢でズズズと前進したりと苦戦していました。

しかし、慣れてくると平坦な道がつまらなく感じられるほど障害物に挑戦したくなってきて、
わざと険しい方を選択して小冒険を楽しみました。
それほどに、身体が多様に適応できるようになってきたということでしょうか。


さぁ、お父さんやお母さんの待つ大阪へかえるよ~





疲れてぐっすり眠っています。




お母さんもドキドキしたおとまりだったでしょうが、こどもたちは立派にジブンでジブンのお世話をしていました。

帰りぎわに言った
「もういちにちとまられへんの?」
「そうね、かえらなきゃね。お家の人が待っているからねぇ」

『あ~、もういっかい「あしたおとまりにいく」になったらイイのに』は
名言だと思いました。

今のこどもの持ち合わせのことばで見事に心情を表現しています。


桜の蕾が開く頃、あなたたちは一年生🌸


これまでのように定期的には会うことはなくなるけど、
ずっとずっと応援しています。

ステキな若者に成長されることを心より願っていますよ~




  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

年長さんおとまりかい ① :: 2017/03/28(Tue)

今回は残念ながら1名がおやすみになり、

3名の年長さんがプレイングのときにおさらいした兵庫県丹波市へ行ってきました。

丹波路快速に乗ってしゅっぱーつ!



着きました。
どんなところか周辺をおさんぽしてみよ~

舗装された上り坂でコロコロ転がっています笑


夕飯はBBQ。炭に着火したら焼き始めて
「いただきまーす!」


この頃には予報通り雨が降り始めていましたが、
コテージの前には屋根があるので濡れません。





ガスでも電気でもない炭火による調理。
着火、火加減には家電製品とは違って手間がかかります。
どれくらい火が出てるかな?
どれくらい熱いかな?
パチパチいってるかな?
においはしてるかな?
視覚、温覚、聴覚、嗅覚・・あらゆる人間の感覚を総動員させないとお腹を満たすことはできませんね。


外には置ききれないおにぎりは室内へ。
こどもたちは外でお肉をたべたり、室内でおにぎりをたべたりと出入りするのも楽しそうでした。



すっかり夜も更けてきました。
「BBQがおわったあとの炭はどうするの?」
「火を消したいのだけど、どうやったら消せるんだろうね」

「わかった!うちわであおぐ!」
「ふーって息をふきかける!」


「うん、やってみて。消えるといいんだけど」

これまでの経験から考えたことをやってみたこどもたち。きっとろうそくの火くらいであれば、その方法で消せたのでしょうが、炭はいっこうに消せないばかりかますます赤くなり勢いは増しているようです。
煙が立ちのぼってきました。

「どう?」
「ぜんぜんきえな~い」


鎮火作戦は上手くいかなかったとみえて、その次にやっていたのは、

「なまむぎ、なまごめ、なまたまご~♪」とうちわで音頭をとりながら小雨の中をぐるぐる行進。
謎の宗教団体のようです笑


一人でお風呂にも入りました。
頭や体もジブンで洗えます。



脱いだ洗濯物と明日着る洋服を分けて整理しています。

袋にはジブンがわかるようにマジックで書いてありました。
お母さんが準備してしまうと本人はわからないってことがよくあるものです。

パンフレットで指に装着する武器のような鋭利なものを作りました。

強そうですね~


虹色教室の奈緒美先生にご紹介いただいた「アイスクール」。この日のために購入しました。

場面が「学校」になっています。
このあとの「子ヤギのかくれんぼ」でも大盛り上がり✨✨


ゲームを三つしたところで9時半を回っていました😱
こどもたちは意外ときちんと自律して「ハミガキしよう」と自主的に寝る用意を始めていました。



二階はロフトになっていました。

実際に寝たのは下のベッドルームで。


ジブンたちであらかじめ決めた二階ベッドの場所へおのおのもぐりこみました。

「ジェリーさんは、あそこでねてね~」
「はいはい、どこでもいいですよ~」


部屋を暗くして、お話しを読みました。
二つ読んだところでは、まだ起きているコも
三つ読み終える頃には、動きもなく声も聞こえなくなりました。


おうちから離れてお友だちや信頼できる大人と一緒におとまりができるようになるほど、大きくなったこどもたち。

ドキドキしたであろう一日目はこうして眠りについたのでした。











  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

個々の成長 :: 2017/03/24(Fri)

4歳の誕生日を迎えた◯ちゃん。
身体の動きや情動を制御できるようになってきました。


紐通しだってらくらく通せちゃいます。

わたしも同じように紐通しをしました。
「どっちがながい?」
「こっちはみじかいねー」
比べる力があります。


以前なら、持ち方や切り方を修正しようものなら猛反発で「◯はこうしたいの!」「これでイイの!」と聞く耳を持たず、ジブンの左手に向かって切り進めるので手を切ってしまわないかとヒヤヒヤしたものですが、

いつのまにやら、縦に切り進めるようになっていました。
◯ちゃんの作品作りのポイントはとにかく重ねて貼り付けることのようです。


ホバークラフトがなぜ動くのかの不思議に出会ったあと、★くん(5歳8ヶ月)が興味を持ったのは風船でした。

なんとかして膨らませたいのですが、なかなか思うように膨らみません。

「ジェリーさん、ふくらませてみてよ」

何度か膨らませてはホバークラフトの工作に取り付けることを繰り返しました。
ぼくはできないのに、どうしてジェリーさんは膨らませることができるんだろう?と思ったかどうかはわかりませんが、しばらく格闘の末・・

ふくらんだ!

とても嬉しそうでした。


このあと、★くんがお気に入りの積木を使ってあそんでいたところ、



★くんが使っていない積木を使って◯ちゃんもなにやら作り始めました。


★くんは自分の積木を持っていかれるのでは?と不安顔になりました。全く気にしないでホイホイ使う◯ちゃんに気が気でありません。

そこで、
「★くんの使っていない積木を◯ちゃんに使わせてあげてね」と両者の間に存在する境目をつなぎました。

少し安心したのもつかの間、そうこうするうちに

「それはつかっちゃだめ!ぼくがつかってるの!」と★くん。

聞こえているのか耳を塞いで聞こえない戦略なのか?とにかくお構いなしで★くんのそばから積木を移動させる◯ちゃん。

果たしてどうするのか?

「ダメ、持っていかないで!これはぼくがつかってるの」と小さいコの言いなりにならず、ジブンを主張することができていました。
何度言葉を重ねても聞いてもらえない、思い通りにならない葛藤に耐えていましたが、ついには目から涙が溢れだしました。


「◯ちゃん、それは★くんが今つかってる積木なんだって」

えっ、そうなの?くらいの表情の◯ちゃん。

★くんは涙をふき、気持ちを立て直していました。
まだまだ未熟なところはありますが、立派にジブンで解決しようとしたり立て直すことができたり。

このような成功体験や問題解決に至るには
家庭のなかであそんでいたり、ひとりっ子のこどもの場合なかなか経験することができません。


家族以外の人と関われる力を育み、たくさん試練を経験して葛藤に耐える力、問題を解決する力を身につけてほしいですね。



それにしても、こどもたちは全力で今を生きているなぁと感じます。












  1. リボンクラブ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
前のページ 次のページ