あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





描画が教えてくれること :: 2017/10/11(Wed)



これは4歳10ヶ月の男児が描いたものです。


家庭で描いたものをお母さんが写真に撮ってくれ見せてくれました。

これまでにリボンクラブで描画を選ぶことがあまりありませんでした。
誘ってみると、弧状の往復線をいろんな色で重ねること、あるいは最近は博物館やレストランの見取り図を線で表す独特な表現に終始し、人物や身の回りの世界が登場することはなかったですから、
彼のファースト人物画を、お母さんと今か今かと待っていたのです。


お母さんは頭足人が出現すると期待していたのですが、
ご覧の通り、その時期は一度も見ることがないまま首や胴体を描いています。
彼の年齢と関係しているのでしょうか。



その描画報告を受けてから1ヶ月後。

楽しそうににっこり笑う「ママ」と「ぼく」。
身体地図が完成しかけています。
顔の下には首があることに気づいています。
ジブンの首はどう頑張っても直接見ることが出来ないのに、どうして知っているのでしょうね。
聞いてみたいものです。

胴体から直接手が出現。
日常生活のなかで指先を使う出番が多いからでしょう。
手の先には5本の指の存在が表れています。




同男児が描いたもの。



平面の用紙に太陽と地を描き、二次元を形成。
花や虫もあります。
外の世界には室内では見られないものがあることを知っているようです。男児の見る世界の広がりを表しています。
アルファベットのような記号の表記も見られます。
生活の中で見ることがあるのでしょうね。


バランス良く成熟しているのがわかります。
きっと彼の中でも、わけのわからない混沌とした状態が随分スッキリ整理されてきているようにおもいます。


今後、腕の出現や指の肉付きが見られることでしょう。
このペースだとそれもスグに訪れるかもしれませんね。


このことからもこどもの発達には個人差があること、
「早い」とか「遅い」ことにあまり目を向けず(但し注意を配りつつ)待っていたら、準備が整った頃、突如大人をびっくりさせるような表現をしたり、また遅れを取り戻し追い越す勢いで、その能力を発揮することがあるということを教えてくれます。


私はそのひとりでに大きくなる力を信じて待ち、
できたときに共に喜ぶ大人でいたいのです。














  1. 描画あそび
  2. | trackback:0
  3. | 本文:3

熊本 勉強会 :: 2017/10/07(Sat)


今日から熊本です。

今日はプレイングに入り、
明日はリボンクラブスタッフが集まり勉強会の予定です。


移動中に読んだ本です。


わかりやすく、面白いです。





  1. リボンクラブとは?
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

驚くべき2歳児さん :: 2017/10/01(Sun)

パズルであそべるようになった☆ちゃん(2歳9ヶ月)

誘うと3分割された動物の合成をしました。
こうかな?静かにじっくり見て合成していきます。
その間、お母さんも余計な口出しをせず見守っておられます。







揺れあそびも大好き!必ず登場するアイテムです。

身体が傾いても倒れないもんね。楽しい~
揺れたり、ぶら下がったり、回ったり、
こんな刺激が脳に伝達されていきます。



描画が始まりました。
紙の中ほどに始点と終点がくっついた丸を描いたかと思うと、

丸の内側上方に小さな丸を横に並べて二つ・・
丸から手や足のようなものも見えます。
頭足人の出現です!

さらに驚くべきことに、余白のスペースにはなにやら
文字のようなものの羅列・・




ペンの支持はこれまでの筆を持つ握り持ちではなく、3点支持です。この持ち方の方が思い通りに反映させてくれることを知っているのですね。

おさえの左手の使い方も良いですね

心身バランスよく発達しているのがよくわかります。



☆ちゃんは、小学生のお兄ちゃんがいる末子なので、
これらのことができるのは家庭環境の影響が少なからずあるのでしょうね。




  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

こどもたちの今 :: 2017/09/20(Wed)



「布団干し」スタイルに見つめあって笑う年長女児。

おんなじことをすると気持ちが通じ合えるような感じかな?


お寺の御朱印を集めるのが好きな年長男児。

スタンプラリーみたいなワクワクと、ご住職がその場で書き上げてくれるのが魅力でしょうか。
なかなかいい趣味ですね~!



夏はやっぱりアイスクリーム!

以前、氷と塩でジュースを固めるのに失敗したので、
同じ要領でアイス作りに変更。

思っていたより、塩多めでした。この写真の右側に写っているドラムになんと塩が大さじ8杯入ってマス。



1,2歳児さんのお絵描き。

筆は下から、上から握り持ち。
思いのままに筆を動かします。

1歳児さんは自分の左手にも絵の具をつけました。
画用紙、自分の左手、その間にはなんら隔てる壁などないのでしょうね。羨ましいです。


2歳児さんの積み木あそび。

同じ色を集めて構成したあと、半円球を並べておいています。左右対称でスッキリと満足した印象。


こちらも1,2歳児さんの釣りあそび

1歳児さんは、手を水につけてあそぶのが楽しくなってきました。「水」ってなあに?「これが水か!」
実際に触って「水」を知ります。



こちらは3,4歳児さん、

ゲーム大好き!
ルールもよく理解できています。

でも、他に楽しそうなものが視界に入ったり、飽きちゃうとその場から離れてしまうこともしばしば。


年長さんへの憧れ。

縫いさしやマンダラ作りといった、難易度の高そうな手と目の協調作業に挑戦したくてたまりません。


筆を指3本で握り、指先をコントロール。

そぉっと(力の強弱)や、小さく(動きの制御)ができるようになってきました。


どれもそれぞれのステージで「今」を賢明に生きるこどもたちの姿です。









  1. リボンクラブ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

おうちでボードゲーム for ママ& キッズ :: 2017/09/17(Sun)



先日、リボンクラブの保護者の方が紹介してくれた一冊。




「おウチで家族や友達とあそぶのに、なんかいいゲームないかなぁ」

「ウチのコの好きそうなゲームはどれかなぁ」


こんなおウチの人からの声をよく耳にします。


いまでは外国のおもちゃや情報もネットショッピングで簡単に手に入る時代ではあります。


YouTubeで遊び方も紹介してくれるけど、
どうもこの「ボードゲーム」は、
実際にあそんでみないとその面白さが感じられないなぁと、思います。


(わが家にも買ったもののあそべていないゲームがいくつかあります・・😅)


ボードゲームを置いていて、実際に子どもを交えてあそんで試せるような木のおもちゃ屋さんはどんどん減っていますね。

大阪でも、わたしが知っているだけで3つの店舗がここ5,6 年の間にお店をたたみました。

残念で仕方ありませんが、時代やショッピングの形態など生活スタイルの変化には逆らえないのが実情です。


そんななか、小さなこどもと接する大人のために
書籍として形になったこの本は、ものすごく丁寧に
数々のボードゲームを紹介してくれてあります。


対象年齢やどんな力が必要か、あるいは育まれるのか、
わかりやすい説明と写真入りです。


わたしが気になっているのは、


年長さん、男の子好きそう!



かわいいにわとりと、しっぽにペグをさす楽しみ。
年少さんからあそべそう。



条件に合うものを推理するゲーム。
あーでもなく、こーでもない、
とすると・・?




モデルを見て、実際に組み立てるとなると結構むずかしいんじゃない?
はじめはタイマー ナシで。慣れたらアリで。



見てると色々欲しくなっちゃいます!


秋になり、夜が長くなってきました。
テレビを消して、親子時間を過ごすのに丁度いいですよ。わが子の隠れた才能に触れるかも?







  1. ボードゲーム
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
前のページ 次のページ